予約する

一泊 18 000 € / ユーロから

ご予約

Suite
Coco Chanel

ココ・シャネルとリッツ パリとは切っても切れない関係にありますが、彼女自身がスイートルームの装飾を行いました。彼女にとっては、贅沢は洗練と優雅さを表し、東洋の漆塗り、金張りのミラー、そして白黒の組み合わせを特に好みました。リッツ パリが彼女のホームになったのでした。
 

188m²
ヴァンドーム場所に面しています
2

リッツ パリでのご滞在

お気にめすことでしょう

あまり知られていない作品

ガブリエル・シャネルのプライベートな持ち物の中に、あまり一般に知られていない、数多くの肖像画、スケッチや写真があります。

むかし、むかし

パリへの情熱

カンボン通りの隣人として、ガブリエル・シャネルは、1937年のある日、リッツ パリにスイートを借りる決心しました。その後、彼女は、34 年間滞在します。

彼女は、ホテルの豪華さと優雅さの中にアットホームな雰囲気を感じて、少しずつ好きな家具、コロマンデルの漆の衝立、金張りのミラー、ベルベットのバンケットを持ち込み、そして最後には自分で部屋全体の装飾を行いました。

「リッツは私のメゾン」と彼女は、ロック クリスタルのシャンデリアやアート コレクションを賞賛した訪問者に言ったそうです。

彼女は時代を超越した世界を持っていましたが、リッツ パリはそれをそのまま保存しています。

伝説を超えて
Suite Impériale

Suite Impérialeに足を踏み込むことは、リッツ パリの歴史に踏み込むことを意味します。フランス式「アール ド ヴィーヴル」に特化した博物館は、同時に歴史的モニュメントなのです。